なにかが見えてくる
Pay It Forward

 ぜひこの映画を一度見てください。原作はアメリカの作家 Catherine Ryan Hyde の自分の体験をモチーフにした同名の小説(1999年)で、2000年に映画化されたものです。

 "Think of an idea to change our world, and put it into action." という社会科の課題を受けて、一人の少年が自分の考えた方法で世の中を変えようとします。一人の人間が三人に何かをしてあげる。そして何かをしてもらった人は、してくれた人に pay back するのではなくて、また別の三人の人に pay forward するという善意の輪の広がりでもってこの世の中を変えていこうとします。これをただの物語に終わらせずに、実際にこの idea を実行している人たちも世界中に多くいらっしゃって、それを推進する Pay It Forward Movement や Pay It Forward Movement という団体もあるほどです。とにかく一度この映画を見てください。何かを感じていただけると思います。

 台詞ををじっくり味わってもらおうと思い、自分なりに耳からおこした台本を載せておきます。不備もあると思いますが、参考にしてもらえればと思います。


台本はこちらです



トップページへ